私はまず、どんなものでも自分で食し、感じてみます。その中で、本当に自分が
「美味しい」と思ったものだけをお客様に提供しております。

たとえば、店で特にこだわりお客様に提供しております「黒毛和牛」。
これも、私が自分でそれぞれの部位を食してみて、その中でここが
「一番うまい!」 「徹底的に美味しい!」
と思ったところだけを、お客様に提供しております。

これが私の「料理人」は「職人」であるべき・・・というこだわりです。
しかもロースは、部位の中でも「ど真ん中」だけしか仕入れません。

旨いお肉だからこその「サプライズ」―お召し上がりになられたお客様の表情が
見る見るにこやかに変わっていくのがわかるんです。
それをカウンター越しに見るのが、料理を作る一番の醍醐味ですし、楽しみですね。

オーナーシェフ 梅村 秀夫 プロフィール

昭和33年(1958年)
11月16日 生まれ
昭和51年(1976年)
ステーキハウス ゆたか 入社
昭和53年(1978年)
ステーキハウス 新 吾 入社
昭和55年(1980年)
2月 独立 京都市東山区福稲柿本町にて
ビストロぷらむ 経営
平成13年(2001年)
7月 祇園に移転
京都市東山区大和大路新橋東入ル元吉町にて祇園 ぷらむ 経営
平成25年(2013年)
2月 京都市東山区祇園町南側570-128 四条花見小路南側二筋目東入ル二軒目に移転
現在に至る

四季折々の豊かな食材をもとに、心づくしのお料理が織りなす優美なひとときを・・・。祇園 ぷらむ